前へ
次へ

買取買戻しの差額がクレジットカード現金化会社の利益

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を使い果たすと、もはや ATM から現金が出てくることはありません。このような場面でも使える手段が残されています。クレジットカードのショッピング枠が残っていれば、それを現金化してもらうという手段が取れます。これをクレジットカード現金化と称しています。現在インターネット上には無数のクレジットカード現金化会社が運営をしています。それだけ利用者が多いという証ではないでしょうか。数年前にクレジットカード現金化という手法が違法ではないかと大騒ぎになりましたが、クレジットカード現金化会社のビジネスは合法であるとの司法の判断が出ました。そもそも違法騒ぎになったのには理由があります。それは高額なキャッシュバックのついた価値のない商品にあります。

価値の全くない商品に対して高額な支払いをするというのが違法になるという主張でした。これはかなり論じられましたが、結局最終的にはあまりはっきりしない、うやむやな判断で終わりました。その根拠は商品価値というものは購入者が決めるということでした。これもまた真実です。その後クレジットカード現金化会社が開発した素晴らしい方法は、価値のある商品の買取買戻し制度です。今度はクレジットカード現金化会社が販売したのは価値のある商品です。高い付加価値のある商品をクレジットカードに残っているショッピング枠を使って購入してもらうのです。その直後に同じ商品をクレジットカード現金化会社が割引価格で買い戻すという手段です。買取買戻しの差額分がクレジットカード現金会社の利益となります。

Page Top